未分類

トリマーの仕事とライセンス

By on 2017年6月11日

実は、日本ではトリマーは資格がなくても就くことが可能な職業なのですが、資格を持っていればある一定の技術を持っているという証明になり、就職の際にも有利になります。トリマーの資格(トリマーライセンス)は国家資格ではなく、民間団体が行っている試験に合格すると得られるものです。

これらの資格取得へのいちばんの近道は、そのための指定校になっている専門学校で学ぶことです。カリキュラムの中には、トリミングに関する知識や技術の習得が含まれており、試験に合格するための方策も得られるため、資格を取って卒業する学生が多くなっています。また、トリマーの資格にはいくつかのレベルがあり、実務経験を積んでいけばトリマーとしてのステップアップも可能になります。そのためにも、専門学校で基礎をしっかり学んでおくことは非常に重要であるといえるでしょう。

トリマーとしてのスキルが生かされる場面は、ペットのトリミングを行う専門の店だけではありません。ペットショップや動物病院でも、ペットのメンテナンスに関する知識と経験は大いに生かすことができます。また、トリマーの仕事の特徴として、実際にメンテナンスの対象になるのは犬(動物)ですが、その飼い主とのコミュニケーションも重要であるという点が挙げられます。このような点についても専門学校で学ぶことで、かわいい犬の相手というだけではない、プロ意識を持った職人に近づくことができるのです。

未分類

トリマーの仕事

By on 2017年6月6日

みなさんは、動物は好きですか?将来の職業として、動物に関わる仕事をしたいと考えたことがあるかもしれません。動物を飼うとは、食事を与えて適当に運動させればいいということではなく、私たち人間と同様に、メンテナンスが必要になります。このメンテナンスを行うのがトリマーという仕事です。トリマーは「トリミング」を行う人のことで、動物の毛をカットするなどして手入れを行いますが、実際には扱う動物の多くが犬となっています

最近では海外原産の犬も多く飼われるようになってきましたし、かつては番犬として家の外で飼育されていたものが、室内でより人の身近で生活する犬が増えてきました。医療の発達も相まって長生きする犬も増えており、年齢や体調などに応じた食事の管理など、健康面のケアもトリマーの大切な仕事になっています。実際に犬に触れることで体調を見極め、必要であれば飼い主に知らせるのも、トリマーの需要な役割です。

犬に関するこういった事情やさまざまな種類の犬の特性を講義などで学び、それと並行して実際に犬に触れて経験を積んでいくことができるのが、専門学校の大きな強みとなっています。また、専門学校によっては必ずしも職業としてのトリマーではなく、自分のペットのメンテナンスのために学ぶ人もいます。さまざまなバックグラウンドを持つ人と共に学ぶことができるのも、専門学校の特徴といえるでしょう。

未分類

専門学校で学べること

By on 2017年6月2日

これを読んでいるみなさん、「専門学校」というとどのようなイメージをお持ちでしょうか。基本的には高等学校を卒業した(または同等の学力があると認められた)人が入ることのできる学校で、大学や短期大学との大きな違いは「職業人を育成するため、実践を重視する」(Wikipediaより)点です。

一般教養課程を経て専門課程の学問をする大学などと異なり、専門学校では目標とする職業に関する専門的な講義や実習が多く行われます。学べる内容は学校ごとに多岐にわたっており、看護や歯科衛生、鍼灸などの医療系、法律や簿記、美術や音響などさまざまです。修業年限は学校や学ぶ分野によって異なりますが1~4年程度で、2年というのが主流になっています。短期間で集中的に学ぶことができるため、効率的に知識や経験を得ることができますし、既に仕事を持っている人が転職などのために学ぶ場合にも、短期間での知識の習得は大きな利点となっています。

専門学校の強みとして、就職率が高いことが挙げられます。特定の職業に対する専門的な知識に加えて、ある程度の経験を持ち合わせている専門学校の卒業生は、即戦力になりうる存在としてそれぞれの業種において大きく期待されているのです。最近では大学も「就職に強い」ことを目指すようになってきてはいますが、具体的になりたい職業が決まっている場合には、専門学校で学ぶことは職業への近道であるといえるでしょう。

実際に、専門学校ではどのように職業に関する教育が行われているのでしょうか。ここでは、ここ数年高い人気を誇り、また一方で需要が拡大しているトリマーになるための専門学校についてご紹介します。